購入はやめた方がいい?!賃貸した方が比較的メリットが多い

ランニングコストが発生すること

購入と賃貸では負担すべきランニングコストにも差が発生します。家を自分で購入した場合には、家の購入費用以外にも、毎年のように建物の償却資産税等が発生しますし、また長い間住んでいると家にいろいろと支障が発生して、そのメンテナンス費用が掛かります。特に長い年月を経た場合にはまとまった出費になるリフォーム費用が掛かるケースもあります。自動車を購入した場合も同様で、定期的に車検を受けたり毎年車両税を支払う必要があります。

持ち主がいろいろと負担する

これらを賃貸にした場合には、そのような税金や借主の責任ではない事情で発生した修理費用は、大家さんや持ち主が負担することになるために、借りている側としては特段支払いが発生しないのです。毎月同じ金額を支払いことによってそのものを使用し続けることができます。もし家を賃貸している場合に雨漏りが発生しても自分で修理する必要はなく、大家さんに連絡して大家さんの費用負担で修繕してもらうことができるようになっています。

購入よりも賃貸へシフト

またいったん購入してしまうと買い替えするのも難しく、現在持っている資産等の処分費用も発生することもあります。反面、賃貸の場合には契約時に契約期間が決められているために、その期間を経過する時点で新しいものに賃貸し直すこともできます。家の場合には、場所を変更して、現時点でより便利なところへ引越しすることも簡単にできます。毎年のように新しいものが販売されるようになった世の中においては購入するよりも賃貸で対応する人や企業も多くなっています。

札幌の賃貸マンションは、地震に強い設計がされているので、非常に強度がある賃貸マンションになっているので、地震が起きたとしても安心です。