賃貸物件で一生は過ごせるのかを検討してみると

費用的には実はお得になる

家は購入したほうがよい、という認識をしている人が多いです。しかし、一生賃貸では駄目なのか、ということを考える人もいます。実際に金銭的なことを考えますとそこまで大きな違いはないと試算が出ています。但し、住むところの規模にもよりますし、極端に長生きをすればそれはひっくり返ることになります。あくまで計算上は賃貸で一生を過ごしても購入してもそこまで大きな差はでないことが多い、と言うのは知っておいた方が良いです。

問題は借り続けることができるか

家を買うことが人生の目標の一つになっていることもあります。それ程に価値があるとされている財産であるからです。ですが、実際には価値は下がり続けます。土地はともかくとして、建物はそうです。その為、資産価値の保存としてはそこまで期待できないです。では、何故、賃貸に皆が皆しないのか、というとそもそも借り続けることが難しいからです。特に老後は契約の更新が難しくなります。その点がクリアできれば、実はお得になる可能性が高いです。

持ち家信仰があります

日本には長く、持ち家信仰があります。つまりは、不動産は自分で持っていった方が良い、と言う認識です。これは是ともいえる部分がありますし、非となる場合もあります。人生次第ですし、考え方にもよります。しかし、持ち家にもしっかりとメリットはありますし、賃貸にもあるわけです。一般的な価値観としては、人生の半ばまでは賃貸で、その間にお金を貯めて、持ち家を買うのが多いです。良し悪しではなく、トレンドとしてそうしたことが殆どです。

森の賃貸マンションは、安全性が抜群で、様々な防犯セキュリティがあるだけじゃなく地震に強い設計になっています。