新築の賃貸物件を探すときに知っておきたい3つの情報

新築物件はとにかく早く決める

通常気に入った賃貸物件があれば、すぐに内見をして、予約をすることが多いですが、新築の賃貸物件の場合は、まだ建物ができてないことが多いです。内見をしたとしても、新築物件なので、よほどのことがなければ、内見をしてから契約をしないということがほとんどないということが言えます。ですから、新築物件の場合は、いかに早く申し込みをするのかということが重要になってくるでしょう。少しでも早く新築物件に申し込みをしたいのであれば、マメに賃貸物件のサイトや不動産屋からのメールなどをチェックしておくとよいでしょう。

新築の場合は9割方気に入ったら即申し込みをする

新築の賃貸物件は人気があるので、すぐに入居者が決まってしまうことがあります。ですから、ほぼ9割近く気に入った新築の賃貸物件があれば、まずは申し込みをした方がよいでしょう。ただし、申し込みをしたからと言って、それで契約が完了するわけではありません。申し込みの後の審査に合格して契約という流れになるので、注意が必要になってきます。ただし、申し込みをするということは、新築の賃貸物件の交渉権を得たことと同じ意味になりますから、他との差をつけることができます。

定期借家契約物件かどうかをチェックする

新築の賃貸物件の中で気に入った物件があったとしても、どのような契約内容なのかをチェックするということが重要になってきます。最近では、定期借家契約物件といって、入居することができる期間があらかじめ決められている物件もあるので注意が必要になってきます。このような物件は、ほかの物件と比べると、賃料などが安い傾向にあります。もし、入居期間が短期間で決まっているという場合はそれでもよいですが、長期的に住む予定の場合は、定期借家契約物件は避けておいた方がよいということになります。ただし、定期借家契約物件の中でも、基本的に更新することができる物件であれば、長期にわたって住むことができるので、不動産屋で確認しておくとよいでしょう。

札幌の賃貸マンションは、防犯性に優れているだけじゃなく地震にも強い賃貸マンションなので、安全性が抜群です。