憧れの一戸建てのマイホーム!間取りはどうする?

間取りは家族構成によって変わります

一戸建てのマイホームを建てるときは、間取りが気になりますよね。家の間取りは家族構成によって変わります。例えば現在は夫婦2人でも子どもが生まれれば子供部屋が必要になります。逆に夫婦と子どもで暮らしていても、子どもが独立したときは子供部屋は不要になります。このように状況によってふさわしい間取りは変わってくるので、リフォームしやすい家が理想的です。家族構成が変化した時に部屋を増やしたり減らしたりできれば快適に住み続けられますよ。

リフォームのしやすさは工法によって変わります

一戸建てを建てる場合には様々な工法があります。工法によってリフォームのしやすさは変わってきます。壁で支えることによって耐震基準をクリアしている家はあまりリフォームできません。壁を取り払えば家が危険な状態になるからです。逆に壁に頼らずに耐震強度を保つ工法の場合はリフォームの自由度が高いです。好きなところに壁を設置したり取り払ったりできますよ。ただ、リフォームの自由度が高い工法は建築費が高い傾向にあります。予算と相談して決めましょう。

増築や改築ができる家

家族構成が変化した時、家の内部をリフォームするのではなく増築や改築を行って間取りを変えるという方法もありますよ。最初は平屋の家を建ててあとで2階部分を増築したり、部屋を1部屋作ったりすることができます。ただ、工法によってはこの方法が採れない場合もあります。家を建てる前にハウスメーカーや建築士に増築や改築が可能かよく確認したほうが良いです。また、敷地にゆとりがないと新たに部屋を1部屋作ることはできません。増築を考えている人は敷地面積も考慮しましょう。

船橋の一戸建てというのは、周辺に教育施設が充実している物件が多いため、子育て環境に優れているのが特徴です。